« 鰍沢(かじかざわ)  落語 | トップページ | 蜆売り(しじみうり)  落語 »

2004.12.01

饅頭こわい(まんじゅうこわい)  落語

饅頭こわい

好きなのに嫌いといってまんまとせしめてしまう噺。前座さんがよくやってます。

町内の若い衆が集まって、
好きな食べ物をああだこうだと言っているうち、
人には好き嫌いがあるという話になる。

虫が好かないというが、
人は胞衣(えな)を埋めた土の上を
初めて通った生き物を嫌いになるという言い伝えがある。

蛙なら蛙が嫌いになり、
蛇なら蛇。

嫌いな虫を言い合い、
蜘蛛、ヤモリ、オケラ、百足といろいろ出た。

嫌いなものは恐い。

黙っている辰さんに
「おめえは、どんなもんが恐い?」
と聞くと
「ないッ」

でも、
なんかあるだろうとしつこく突っ込むと
「おととい、カカアの炊いた飯がコワかった」

そのコワいじゃなくて、
動けなくなるような恐いものだ
と言うと
「カカアがふんどしを洗ったとき、
糊をうんとくっつけちゃった。コワくって歩けねえ」

ああ言えばこう言うだから癪にさわって、
蛇はどうだ
と聞くと、
あんなものは、頭痛のときの鉢巻にする
と、うそぶく。

トカゲは三杯酢にして食ってしまうし、
蟻はゴマ塩代わりに飯にかける。

忌ま忌ましいので、
なにか一つくらいないのかと食い下がると
「へへ、実は、それはあるよ。
それを言うと、体中総毛立って震えてくる」
「へえ、何だい?」
「一度しか言わないよ。……まんじゅう」

一同啞然。どうしてと聞くと、
因果で、オレのえなの上に子供が饅頭を落っことしたのに違いない
と、いう。

菓子屋の前に行くと目をつぶって駆け出すし、
思っただけでもこう総毛だって、
と辰さん、
急にブルブル震えだす。

「こわいッ、こわいよォッ」

泣き出して、とうとう寝込んでしまった。

そこで一同、
あいつは普段から、のみ屋の割り前は払わないし、
けんかは強いからかなわない。
いいことを聞いたから、一度ひどい目に会わせてやろう
と、計略を練る。

「話を聞いてさえあんなに震えるんだから、
実物を見たらきっとひっくり返って、
身体中ブチになって死んじまうかもしれねえ、
いるとじゃまだから、アン殺でアンコロしちまおう」
というわけで、菓子屋から山のように饅頭を買ってくる。

枕元に置くと、
「おい、辰さん、起きねえ。
天丼を食おうてんだ。
付き合いなよッ」

まだ蒲団をかぶって
「まんじゅうこわいよッ」
と、うめいていた辰さん、
枕元を見るなり
「ウワーッ」
と、絶叫。

「うわあッ、こんなもの、
だれがッ。こわいよッ。
唐まんじゅうがこわい。こわいよッ」
と叫びながら、
まんじゅうをムシャムシャ平らげ始めた。

障子の陰でワクワクして見ていた連中、
だまされたと知ってカンカン。

「おう、恐い恐いと言ってたまんじゅうを食いやがって。
こんちくしょう、てめえはいったい、何が恐いんだ」
「うわーッ、恐いよ。今度は、お茶がこわい」

【うんちく】

落語の代表作

中国・明代の笑話本「五雑俎」「笑府」に
原型がありますが、江戸では小ばなし程度の扱いで、
一席ものの落語としては、むしろ大坂が本場でした。

明治末期に、奇行でならした「狂馬楽」こと
三代目蝶花楼馬楽が東京に移植、
「饅頭嫌い」の演題で初演して以来、
「まんこわ」で通る、
落語を代表する人気演目になりました。

さまざまなやり方

古くから演じられた噺だけに、
さまざまな演者によって、細部が整えられてきました。

柳家小さん系や、後輩の五代目小さんに写してもらい
十八番にした三代目桂三木助では、
饅頭男を「松公」で演じます。
また、饅頭を準備するとき、

「腰高饅頭かい? おあとは? 唐饅頭? お次は?
酒饅頭? おあとは? そば饅頭……栗饅頭……」

というように、色々な饅頭の名を並べ立てるのが
型になっています。。

五代目古今亭志ん生は、むしろすっきりと
短く演じています。

ギャグもいろいろ

昭和22年9月、上野・鈴本の楽屋で急逝した
四代目柳家小さんは、饅頭男が恐がる場面で、

「クモの糸を納豆代わりに食う」
「ミミズはトマトソースでマカロニ代わりに食う」

といった、ゲテ物趣味的なギャグを加えました。
これは、五代目小さん、三木助もやっています。

三木助では、最後に男が恐い恐いと言いながら
饅頭をふところに入れてしまい、

「風呂敷はねえか」

と、図々しく言うギャグ、
また、恐い物を言い合う場面で、

「おれァ、そばがいけない。うどんがいけない。
だからフンドシもしめない」

などがあります。

饅頭

日本渡来は、14世紀に禅僧が中国(元?)から
帰国する際、伴った中国人が、奈良で
店を開いたのが最初とも、それ以前に
源頼朝が次男(実朝)誕生の百日の祝いに、
近親や重臣に配った「十字」という菓子が
始まりだともいい、はっきりしません。

胞衣(えな)

胎児を包む膜ですが、胎盤をいうこともあります。
噺の発端になる、「初めて通った生き物を……」
という俗信は古くからあって、川柳でも、
「柳多留」巻十六(天明元=1781年刊)に、

ゑなの上 初手(しょて=最初)どらもの(放蕩者)に ふませたい

とあります。

おすすめCD饅頭こわい

|

« 鰍沢(かじかざわ)  落語 | トップページ | 蜆売り(しじみうり)  落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

落語はよく知らないのですが、
タイガー&ドラゴンで、興味を持ちました。
ここを読ませていただいて、
ほぉ~と感心しました♪

投稿: tomoko | 2005.04.26 18:41

tomokoさん
ありがとうございます。
「T&G」は
毎回「ふーん、なるほど、こうくるかぁ」なんて、驚いています。
さすが、クドカン。感動です。
これを契機に、
落語にも親しんでくださいね。

投稿: ふる | 2005.04.27 22:04

やっぱりチン解釈が……

作詞家で時代エロ風俗研究の第一人者だった
故・西沢爽氏の説によると、
この噺、案の定れっきとしたエロ噺だそうです。

同氏著「雑学猥学」によれば、「マンジュウ」は
もちろん女陰の隠語で、加えて延宝9年(1681)刊の
「朱雀遠目鏡(すざくとおめがね)」という遊女評判記の中に、
「お茶のあたり、ふくらかに饅頭をあざむく如くなるこそよけれ」
とあり、お茶とは茶壷、茶釜、お茶碗などともいう
やはりれっきとしたかの部分の異称。

したがって、辰さんの真意は当然、
「オレ、女(のアレ)がいっち好き」
ということになるそうな。やれやれ。


投稿: | 2006.05.12 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/2118460

この記事へのトラックバック一覧です: 饅頭こわい(まんじゅうこわい)  落語:

» 「タイガー&ドラゴン 饅頭こわいの回」★★★☆ [【別館】○○って、いいね!テレビっ子]
 連続ドラマになって第2回。やっぱり、面白いねえ。今回は、けっこう有名な(少なくとも僕は知ってた)「まんじゅうこわい」だったので、すごくわかりやすかったです。 今回の主役は阿部サダヲさん演じる、どん太。一流の落語家の父、その血を受け継ぐ天才の弟(ダサイ...... [続きを読む]

受信: 2005.04.24 15:37

» 「タイガー&ドラゴン」饅頭怖い→茶の湯 [まあぼの交差点]
今回の「饅頭怖い」のはなしは,ドラマの前半でひとまず完結。どん兵衛<西田>の落語と一門の寸劇のくり返し → どん太<阿部>のテレビ映像と落語のくり返し → どん兵衛によるさげと,あいかわらずテンポよく楽しく進み,もとのはなしは第1話よりもわかりやすかっ...... [続きを読む]

受信: 2005.04.26 11:47

» 『タイガー&ドラゴン』2回目も面白い!エンジンもちょこっ。 [HappyDays]
♪俺の、俺の、俺の話を聞けっ・・・♪2回目は『饅頭怖い』でした。いや〜西田さん演じる、お師匠さんの「饅頭こわい」!の、上手いことったら♪落語を知らない私でも、よ〜く分かりましたよ。で、長瀬君の、現代版「饅頭こわい」が、またまた上手なんだな〜。まとめ方と...... [続きを読む]

受信: 2005.04.26 18:38

» タイガー&ドラゴン「饅頭怖いの回」 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
アタマに前回のあらましを語るというパターンも固定されてていいカンジ。しかもどん太(阿部サダヲ)の高座が寒くなる様子をも同時に表現している。うーまーい。でも、ワテクシ「送りバント」は普通に笑えます。ダメ? 「ananの抱かれたくない男」で出川を抜くどん太。 「出川抜いたよ…」って言われて、きっと出川も二重の意味で喜んでいると思います。 林屋亭どん太 8017票... [続きを読む]

受信: 2005.05.04 23:25

» 饅頭怖いとこの日記のタイトルでもある「岡田唯怖い」 [岡田唯怖い]
てか、このネタってタイガー&ドラゴンでやったぞ。。。 ここから日記のタイトルとってるわけです。 参照のURLはってみる。 http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2004/12/post_1.html [続きを読む]

受信: 2005.06.15 05:30

« 鰍沢(かじかざわ)  落語 | トップページ | 蜆売り(しじみうり)  落語 »