« 掛取万歳(かけとりまんざい)  落語 | トップページ | 尻餅(しりもち) 落語 »

2004.12.17

芝浜(しばはま)/落語

芝浜

落語の名作の一。こんな筋だったんですねえ。

芝は金杉に住む魚屋の勝五郎。

腕はいいし人間も悪くないが、
大酒のみで怠け者。

金が入ると片っ端から質入してのんでしまい、
仕事もろくにしないから、
年中裏店住まいで店賃(たなちん)もずっと滞っているありさま。

今年も師走で、年越しも近いというのに、
勝公、相変わらず仕事を十日も休み、
大酒を食らって寝ているばかり。

女房の方は
今まで我慢に我慢を重ねていたが、
さすがにいても立ってもいられなくなり、
真夜中に亭主をたたき起こして、
このままじゃ年も越せないから
魚河岸へ仕入れに行ってくれとせっつく。

亭主はぶつくさ言って嫌がるが、
盤台もちゃんと糸底に水が張ってあるし、
包丁もよく研いであり、
わらじも新しくなっているという用意のよさだから文句も言えず、
しぶしぶ天秤棒を担ぎ、
追い出されるように出かける。

外に出てみると、
まだ夜は明けていない。

カカアの奴、時間を間違えて早く起こしゃあがったらしい、
ええいめえましい
と、勝五郎はしかたなく、
芝の浜に出て時間をつぶすことにする。

海岸でぼんやりとたばこをふかし、
暗い沖合いを眺めているうち、
だんだん夜が明けてきた。

顔を洗おうと波打ち際に手を入れると、
何か触るものがある。

拾ってみるとボロボロの財布らしく、
指で中をさぐると確かに金。

二分金で四十二両。

さあ、こうなると、商売どころではない。

当分は遊んで暮らせると、
家にとって返し、
あっけにとられる女房の尻をたたいて、
酒を買ってこさせ、
そのまま酔いつぶれて寝てしまう。

不意に女房が起こすので目を覚ますと、
年を越せないから仕入れに行ってくれと言う。

金は四十二両もあるじゃねえかとしかると、
どこにそんな金がある、おまえさん夢でも見てたんだよ、
と、思いがけない言葉。

聞いてみるとずっと寝ていて、
昼ごろ突然起きだし、
友達を呼んでドンチャン騒ぎをした挙げ句、
また酔いつぶれて寝てしまったという。

金を拾ったのは夢、
大騒ぎは現実というから念がいっている。

今度はさすがに魚勝も自分が情けなくなり、
今日から酒はきっぱりやめて仕事に精を出す
と、女房に誓う。

それから三年。

すっかり改心して商売に励んだ勝五郎。

得意先もつき、金もたまって、
今は小さいながら店も構えている。

大晦日、片付けも全部済まして夫婦水入らずという時、
女房が見てもらいたいものがあると出したのは紛れもない、
あの時の四十二両。

実は亭主が寝た後
思い余って大家に相談に行くと、
拾った金など使えば後ろに手が回るから、
これは奉行所に届け、
夢だったの一点張りにしておけという忠告。

そうして隠し通してきたが、
落とし主不明でとうにお下がりになっていた。

おまえさんが好きな酒もやめて懸命に働くのを見るにつけ、
辛くて申し訳なくて、
陰で手を合わせていたと泣く女房。

「とんでもねえ。おめえが夢にしてくれなかったら、
今ごろ、おれの首はなかったかもしれねえ。
手を合わせるのはこっちの方だ」

女房が、
もうおまえさんも大丈夫だからのんどくれ
と、酒を出す。

勝、そっと口に運んで、
「よそう。……また夢になるといけねえ」

【うんちく】

見解の相違

ふるさんの御意に反しますが、
あたくしゃあ、名作とも何とも思いませんねえ。
むしろ駄作も駄作、屁のような噺。
この世から抹殺したいほどです。
まあ、根拠を並べると長ったらしくなりますので、
やめときますが。せめて、
「よそう、また夢になるといけねえ」
と言ったとたんに夢からさめた、
とでもすれば
それでも陳腐ですが、
まあいくらかはましになるでしょうがね。

三題噺から

三遊亭円朝が幕末に、
「酔っ払い」「芝浜」「財布」の三題で
即席にまとめたといわれる噺です。(→鰍沢)

戦後、三代目桂三木助が、四代目柳家つばめと
劇評家・安藤鶴夫のアドバイスで、
白魚船のマクラ、夜明けの空の描写、サゲ近くの
夫婦の情愛など、独特の江戸情緒をかもし出す
演出で十八番とし、昭和29年度の
芸術祭賞を受賞しましたが・・・・、

アンツルも三木助も自己陶酔が鼻につき、
あまりにもクサすぎるとの評価が
当時からあったようです。
まあ、聞く人によって、
好き嫌いは当然あるでしょうな。

芝浜の河岸

現在の港区芝浦一丁目付近に、
金杉浜町という漁師町がありました。
そこに雑魚場という、小魚を扱う小規模な
市があり、これが勝五郎の「仕事場」
だったわけです。

【コラム 古木優】

 いい噺だ。海賀変哲は「上手が話せば話すだけ情深く聞かれるのはこの話しである」と言っている。そうなのだろう。
 円朝が「酔っ払い、芝浜、財布」から作った三題噺であるといわれるが、いまのところ確証はない。円朝全集にも載っていない。ただ、明治32(1899)年に四代目三遊亭円生がやった「芝浜の財布」は、いまわれわれが知る「芝浜」の筋と同じもの。作者不明ながら、そのころから完成されていた噺だったといえる。
 「芝浜」といえば、三代目桂三木助だ。昭和29(1954)年に芸術祭奨励賞を受けている。四代目柳家つばめから教わったそうだが、勝五郎の姿をわが身になぞらえながら磨きをかけて得意としたので、他者は避けるようになった。八代目桂文楽ははずしている。五代目古今亭志ん生も、昭和36(1961)年に三木助が逝った折、ふらりとやった程度。
 芝という地名は広い。江戸湾の海岸線に沿った地域だった。新橋あたりから三田の近くまで及んでいる。
 勝五郎の住む金杉橋は、すこぶるの貧民が住まう街。彼の生活臭がうかがい知れる。
 江戸・東京の魚市場は、関東大震災までは日本橋が有名だったが、芝にも地元でさばく小商い規模の市場があった。扱う魚も上等なものはない。とはいえ、文句なしの江戸前だ。飲んだくれの勝五郎が再起を図るにはおあつらえ向きの舞台となる。そんなことを、三木助はマクラで説明している。
 行商を京阪では「ぼてふり(棒手振)」と呼んだ。江戸では魚の行商に限って「ぼて」と呼んだ。だから、勝五郎も「ぼて」だ。だれでも始められる手っ取り早い商いだから、江戸時代には次第に増えていき、鑑札(許可証)が必要となるほどだった。
 噺にでてくる「盤台」とは、ぼてが天秤棒でかつぐ小判形のたらいのような木桶。ここに魚などを載せて運ぶ。勝五郎のように長く使わないでいると、木が乾燥して水漏れがする。そこで、裏返して「糸底」といわれる底板をはめ込んだところに、水をひたして木を膨張させて使ったわけだ。
 勝五郎が財布を拾った場所は当然ながら推測の域を出ないわけだが、俵元昭氏によれば、芝 4丁目の鹿島神社あたりから芝浦1丁目あたりとか。まあ、そんなところなのだろう。

おすすめCD芝浜

|

« 掛取万歳(かけとりまんざい)  落語 | トップページ | 尻餅(しりもち) 落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

アモーレ・カンターレ・マンジャーレの管理人の桂です。
トラバありがとうございます。
諸vも噺家の端くれとして、タイガー&ドラゴンは興味を持っておりますし、知人からも毎回のテーマの噺について尋ねられます。
このページなどを今後ご紹介したいと思います。

投稿: | 2005.05.04 21:12

今日、リビング名人会で談志師匠の「芝浜]を最前列で聴いてきました。なんというかもう胸が熱くて今日はきっと眠れない。気がついたら涙も出ていました。「芝浜」とは相性が悪くてどんな人でも胸打つことはないだろうと思っていたので、自分にびっくりです。芸が細かくて思わず見とれてしまいました。

投稿: いくっち | 2005.12.22 23:29

はじめまして、検索でやってきました ^^
こちらのブログを拝見し、わかりやすくて感激しました!
記事を書きましたのでトラックバックさせていただきます ^^

投稿: みー | 2009.03.21 21:41

突然すみません。「芝浜 あらすじ」で検索し、こちらのサイトに参りました。あらすじを知る事だけが最初の目的だったのですが、「駄作も駄作~」とあり、もっと詳しく知りたくなりました。よろしければ、駄作と判定される根拠を知りたいです。

投稿: シギゾウムシ | 2014.01.19 12:22

芝浜を初めて聞いたのは目黒名人会での七代目柳橋になった柏枝さんのでした、二枚目の噺家さんで地味だけど良かったなぁ、最初の師匠の三木助師の芝浜でしょうね。
今はCDで聞く可楽師の芝浜にはまっています!古本屋で文楽師の芝浜の速記本を見たが・・やってたのですね。
このサイトは本当に最高です実に為になることが多いのです!

投稿: けんやま | 2015.01.20 19:30

駄作と判定される根拠を知りたい

投稿: hio | 2015.07.23 21:48

うーん、根拠は是非聞かせていただきたい…いただきたかった
さして思い入れのある噺でもありませんが
「自分は嫌い」の5文字を罵りで水増しした評価には少々理不尽な感を覚えました
そんな、率直な感想を吐き出すことで抱いたもやもやを多少晴らします…それだけのコメントです
もうすぐ2017年ですね

投稿: | 2016.10.22 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/2290659

この記事へのトラックバック一覧です: 芝浜(しばはま)/落語:

» タイガー&ドラゴン [木更津死ぬ死ぬ計画 〜 不思議 TOKIO シンデレラ 〜]
トラックバックさせて頂きました。なかなか敷居の高い落語を 分かり易く解説されていて、タイガー&ドラゴンがより一層楽しめる というものです。これからもちょくちょくと遊びにこさせて下さい。... [続きを読む]

受信: 2005.04.16 13:01

» 俺によるタイガー&ドラゴン論 [これって好き系?]
俺はいわゆる”クウネル系”マガジンよりもリアルなスロー・ライフ(締切等)を強行している 瀕死の引き篭もり稼業なので、なかなかテレビが観られない日々が続いていた。 のだが、「ぬッ!これは観ないとなー」とあっさり仕事を放り投げた花の金曜日。 豪華二本立てのテレビ鑑賞。 ●まずは当然ドラえもん。声優陣が一新された1時間SP。 「ま、そーゆーのすぐ慣れますから」みたいな気分で眺めてたら唖然とした。 ・ ドラえもんがワンワン... [続きを読む]

受信: 2005.04.18 01:02

» タイガー&ドラゴン(第1話) [さんすたあ]
滑り出しは、そこそこのようだ。今回は落語がテーマと言うこともあり、お年寄りにも理解できるかも?なくらい会話やストーリーの流れをゆっくりかみ砕いて、作っている模様。昨今流行の若者中心の単純ラブストーリー的要素を廃し、人情話を絶妙に組み入れ、落語を題材にそ...... [続きを読む]

受信: 2005.04.22 13:32

» タイガー&ドラゴン見ました。 [ネオ徒然草05]
「芝浜」の回。 (ネタばれにならないように 気をつけて書いてるので あらすじが見たい方は他のサイトへどうぞ。) スペシャルのノリがものすごく面白く ほろりとさせる話しだったので 初回から期待してました。 最終的にはまとまって良かったねぇ〜 面白かったです。 「芝浜」って古典落語だったんだとしみじみ。 西洋の童話にあった話だと思っていたんだけど。 家族で見たらわかるよ�... [続きを読む]

受信: 2005.04.30 11:53

» タイガーアンドドラゴンを見た。 [コズ部屋]
えーとドラマ化1発目は「芝浜」でしたね。「芝浜」は私が読んでる「志ん朝の落語」シリーズの5巻目に収録されてるのですが……私は、まだそこまで辿り着けてない。ってか花町だの男と女の情ものだの、色物ばかり読んでるから進まないのか……。「明烏」超好き(笑)いつ...... [続きを読む]

受信: 2005.05.05 12:26

» エンジン [FreeSoul]
今クールのドラマは「エンジン」を見ている。 木村拓哉は相変わらずのかっこよさだ。 しかし、子供をもちあげるシーンなどは妙にこなれており「父親」であることを改めて認識する。 内容はとりわけ面白いというわけでもないが、恐らくこのドラマは欠かさず見ることになる.... [続きを読む]

受信: 2005.05.09 23:04

» 落語「芝浜」の舞台は今? [言いたい放題]
落語「芝浜」の舞台は今?   (写真:「鹿嶋神社」。ここに「芝濱噺家の碑」〈落語「芝浜」の皮財布の舞台〉というのがある。)  落語「芝浜」の舞台になった浜は、当然のことながら芝にある。品川なら「品川浜」となり、「芝浜」という外題になるわけがない。 【三代目桂三木助の「芝浜」によると…棒手降(ぼてふり、又は振り売り)の魚屋勝五郎は遊びすぎて釜の蓋も開かない状態になって、やっと河岸(かし)にいやいやながら行く気になる。�... [続きを読む]

受信: 2005.05.13 23:50

» 声でよむ名作本(5)『小三治名席』「芝浜」 [Blog 表現よみ作品集]
「芝浜」『小三治名席』 [続きを読む]

受信: 2005.09.30 19:44

« 掛取万歳(かけとりまんざい)  落語 | トップページ | 尻餅(しりもち) 落語 »