« 寄合酒(よりあいざけ)  落語 | トップページ | 猫の皿(ねこのさら)  落語 »

2005.05.18

壷算(つぼさん)  落語

この奇妙な計算で、頭がこんがらかって

少し抜けた男、
かみさんから、
二荷入りの大きさの水がめを買ってこい
と、命じられる。

一人では持てないし、
おまえさんは人間が甘くて買い物が下手だから、
兄貴分の源さんに一緒に行ってもらえ
と、これもかみさんのご指名なので、
交渉役に頼んで、二人で出かけていく。

源さんはなかなかシタタカ。

足元を見られないことが買い物のコツ
というわけで、早速おやじと戦闘開始。

なぜか、
一荷入りの小さい方はいくらだ
と聞くと、
勉強して二円五十銭。

じゃ勉強しないと
……やっぱり二円五十銭。

同じじゃねえか
と、一つ食らわして、
今日はこの男に頼まれて来たんだから、
言い値で買ったのでは申し訳が立たない、
商人は損して得取れで、
これから先友達が瀬戸物を買う時には
きっとここへ連れてきて埋め合わせをするから、
今日は二円に負けときねえ、
負けてくれるな、
ウン、
と念押しまで一方的にしたから、
おやじ、相手のペースにはまって、
お買い物がお上手ですなあ、ようがす、
となる。

「決まったよ。おい、金出しな」
「だって兄貴、一荷入りじゃ」
「いいから出しとけ。おい二円、ここに置くぜ」

黙って担いでいな、
そうすりゃ、この一荷入りが二荷入りに化けるから、
と何か企みがあるようで、
左に曲がって左に曲がると、
何のことはなく元の瀬戸物屋へ。

「おや、お忘れ物で」
「いやね、この野郎が間抜けだから、
本当は二荷入りが欲しいんだとさ」

そこで再交渉。

二荷入りは倍値だから、
本来五円だが、さっき一荷入りを二円に値切ったので、
その倍の四円とさせた上で、
狭い台所で二つあっても邪魔だから
小さい方を元値で取ってくれ
と源さん、おやじが承知すると
「さっき、二円渡したな。
で、この一荷入りの水がめを二円で取ってもらう。
てえと、二円と二円で四円。
それでもの二荷入り水がめ、もらってくぜ」

おやじ、
何だか変だと思ったが計算は合っているようなので、
へい、
と答えてしまったが、どう考えてもおかしい。

「おいしっかりしなよ。算盤を持て。
いいか、持ったらオレが渡した金二円、入れてみな。
……取ってもらった一荷入りの水がめ、
二円入れてみたら四円になるだろ」

当たり前で、いくらやっても四円。

客を閉め出し、
腰を据えて何度計算しても四円。

しまいにおやじ、ベソをかいて、
「すいません、親方、
前にお持ちになった一荷入りの水がめ、
持って帰って下さいな」
「一荷入りはいらねえんだよ」
「その代わり、いただいたこの二円もお返ししますから」

【うんちく 高田裕史】

タネ本は世界中に……

清代の笑話集「笑林廣記・古艶部」中の「取金」が
役人と薬屋の話として、そっくり同じパターンで、
これが一応、直接の原典とみられます。

寛延4年(1751)に京都で出版された、
中国小ばなしを翻案した漢文体の笑話集「準訳開口新語」中に
この話がコピーされていますが、実はその四年前、
延享4年(1747)刊の「軽口瓢金苗・上」中の
「算用合ふて銭足らず」では、だます男が一人というだけで
あとは現行の噺とまったく同じ筋です。

中国のみならず、この手のサギばなしは、
トルコの笑話「ナスレディン・ホジャ物語」を始め、
世界中に流布しているようで、
吉四六(きっちょむ)が登場する日本の頓智昔話
「壺を買う」も同工異曲です。

何やらゴチャゴチャするようですが、
要するに、古今東西民族を問わず、人間は
繰り返し同じ悪事をたくらんでいるということですね。

本家は上方落語

本来の題は「壺算用」で、ナニワの爆笑王・
初代桂春団治のレコードも残されています。

壺算用は坪算用ともいい、
大工が坪数を見積り損なうところから
大阪で勘違いの意味。、
それが「壺」に誤用されたようです。

三代目三遊亭円馬によって
東京に移植されたのは、明治末か大正初期で、
そう遠い昔ではありません。

オチはオリジナルでは、
「これは、どういう勘定だんね?」
「これがほんまの壺算用や」
というもので、東京でも古くはこれがそのまま踏襲されましたが、
「壺算用」の意味が通じにくいので、
六代目三升家小勝が現行のように改めました。

なお、大阪では、マクラ程度に短くやるときは
詐欺男を一人にし、一席噺でコンビを出す場合は
前半に、アホが瀬戸物屋で伏せてある壺を見て、
口がないとひっくり返し、今度は
「底が抜けた」と大騒ぎするドタバタを付けます。

憎めぬ「知能犯」

錯覚を利用して代金をごまかすパターンは
「時そば」も同じですが、
いずれも、ますます巧妙・悪辣化した現代の
「振り込め詐欺」などと比べると、
本当に他愛なく、かわいいものです。

悪事には違いありませんが、貧しかった時代、
こうしたシタタカさも、
庶民の精一杯の「生活防衛」の
知恵だったのかも知れません。

とにかく、いくら昔でも、こすからい商人をだますわけですから、
しゃべりをテンポよく、とんとんと運ばなければ話になりません。
その意味で、結構腕がいる、難しい噺でしょう。

|

« 寄合酒(よりあいざけ)  落語 | トップページ | 猫の皿(ねこのさら)  落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。TBさせていただきました。
寄席歴はまだまだ浅いので、周辺知識も含めて、とても勉強になります。
これからもちょくちょく寄らせていただきますので
どうぞよろしくお願いします。

投稿: Chieee | 2005.07.18 12:36

はじめまして、大阪で中国語講師をしている山岡義則と申します。
お願いがあります。
私はこの度「落語で中国語ブログ」というブログを作りました。
http://rakuchina.exblog.jp/
それまで「日中お笑い研究会」で方向性を模索していたのですが私自身、中国の漫才や落語で中国語を学んだのでお笑いでそれも落語を覚えて(できれば一人でぶつぶつ言いながら)もらえればきっとたのしく習得できるのではないかと思っています。
最初の題材に壷算を選びました。
ネットで探すとこちらの千字寄席が見つかりました。
簡潔にまとめられているのでこれを中国語にさせていただき、中国語の学習に役立てたいと思います。
事後のご連絡となり申し訳ありません。
すでに少し導入部分を作らせていただきました。
お手数ですがまとめられたものの使用許可と中国語化をご許可いただきたいと存じます。
もし、問題があるようでしたらすぐに削除させていただきます。
どうかよろしくお願いします。

投稿: 山岡義則 | 2005.11.09 15:19

こんにちは。こちらの記事に、トラックバックさせてもらいました。

投稿: kyu3 | 2006.02.01 23:17

こんにちわ。

 この「壷算」のオチについて考えてみました。
調べたところによると、
・西日本では昔は1間=6尺5寸だった。
・明治になって度量衡法が制定されて、1間=6尺になった。

 こういうことが、この噺の背景にあるように思われます。詳細はURL をご参照下さい。

投稿: ザ・ランス(石原) | 2006.11.11 18:30

ザ・ランス(石原)さま

貴重な情報をありがとうございます。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: たか | 2006.11.13 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/4174983

この記事へのトラックバック一覧です: 壷算(つぼさん)  落語:

» 大銀座落語祭<究極の東西寄席/Aブロック・正蔵・仁鶴・志の輔> [Hush!!]
7/16-18の3連休は年に一度の落語の祭典。仕掛け人はもちろん"六人の会"。 今年は上方落語からの援軍も大挙参加して、ふだんは中々見られない 豪華顔合わせが実現しているのも魅力。 中でも<究極の東西寄席>は、志の輔や小三冶師匠ら東西人気落語家が こぞって出演す... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 12:39

» 落語と対談(小牧市勤労センター) [桃花台新聞]
2月4日(土)、「小牧市 勤労センター」で、「落語から学ぶエコライフ」というイベントが、行なわれるそうです。内容:落語と対談 演目:「替わり目」、「壷算」 時間:午後 1時30分 開演(※午後 1時 開場) 料金:無料このイベントに関する問い合わせ先は、小牧市役所 環境政策課(電話番号:76-1181)です。 ・落語、寄席(Yahoo! カテゴリ) ・落語(Wikipedia) ・小牧落語を聴く会(JA尾張中央)(桃花台新聞) ・スポーツ施設(桃花台 便利リンク集) [ ... [続きを読む]

受信: 2006.02.01 23:16

« 寄合酒(よりあいざけ)  落語 | トップページ | 猫の皿(ねこのさら)  落語 »