« 馬のす(うまのす)  落語 | トップページ | 帯久(おびきゅう)  落語 »

2005.06.25

阿武松(おうのまつ)  落語

これは珍しい、相撲取りが主人公の噺です。

京橋観世新道に住む
武隈文右衛門という幕内関取の所に、
名主の紹介状を持って入門してきた若者がある。

能登国鳳至(ふげし)郡鵜川村字七海の在で、
百姓仁兵衛のせがれ長吉、
年は二十五。

なかなか骨格がいいので、
小車というしこ名を与えたが、
この男、酒も博打も女もやらない堅物なのはいいが、
人間離れした大食い。

朝、赤ん坊の頭ほどの握り飯を十七、八個ペロリとやった後、
それから本番。

おかみさんが三十八杯まで勘定したが、
あとはなにがなんだかわからなくなり、
寒けがしてやめたほど。

こんなやつを飼っていた日には
食いつぶされてしまうから追い出してくれ
と、おかみさんに迫られ、
武隈も
「わりゃあ相撲取りにはなれねえから、あきらめて国に帰れ」
と、一分やって追い出してしまった。

小車、とぼとぼ板橋の先の戸田川の堤までやってくると、
面目なくて郷里には帰れないから、
この一分で好きな飯を思い切り食った後、
明日身を投げて死のうと心決める。

それから板橋平尾宿の橘家善兵衛という旅籠に泊まり、
一期の思い出に食うわ食うわ。

おひつを三度取り換え、
六升飯を食ってもまだ終わらない。

面白い客だというので主人の善兵衛が応対し、
事情を聞いてみると
これこれこういうわけと知れる。

善兵衛は同情し、
家は自作農も営んでいるので、
どんな不作な年でも二百俵からの米は入るから、
おまえさんにこれから月に五斗俵二俵仕送りすると約束、
ひいきの根津七軒町、
錣山(しころやま)喜平次という関取に紹介する。

小車を一目見るなり惚れ込んで
うなるばかりの綴山、
武隈関は考え違いをしている、
相撲取りが飯を食わないではどうにもならない、
一日一俵ずつでも食わせると、善兵衛の仕送りを断り、
改めて、自分の前相撲時代の小緑というしこ名を与えた。

奮起した小緑、
百日たたないうちに番付を六十枚以上飛び越すスピード出世。

文政五年蔵前八幡の大相撲で
小柳長吉と改め入幕を果たし、
その四日目、おマンマの仇、武隈と顔が合う。

その相撲が長州公の目にとまって召し抱えとなり、
のち、第六代横綱・阿武松緑之助と出世を遂げるという一席。

【うんちく】

阿武松緑之助(おうのまつ・みどりのすけ)

寛政3(1791)~嘉永4(1851)年。
第六代横綱。長州藩抱え。実際は武隈部屋。
文政5年(1822)10月入幕、同9年10月大関、
同11年2月横綱免許。
天保6年(1835)10月、満44歳で引退。

しこ名の由来は、お抱え先の長州・萩の阿武の松原から。 

板橋宿

中仙道の親宿(起点)で、
四宿(非公認の遊郭。品川・新宿・千住・板橋)の一つ。
上宿・中宿・平尾宿(下宿)に分かれていた。

戸田川は荒川。隅田川の上流で、
板橋宿の外れ、志村の在には戸田の渡し場があった。

京橋観世新道

「かんぜじんみち」と読む。
現・中央区銀座一丁目。

講談から脚色

講釈をもとにできた噺。
講談(講釈)には、「谷風情け相撲」など、
相撲取りの出世譚は結構多いが、
落語化されたものは少ない。

大阪の五代目金原亭馬生(俗に「おもちゃ屋の」)に教わって、
六代目三遊亭円生が得意にしていた人情噺。
現在は高弟の三遊亭円楽に継承されている。

「待った」でケチついた横綱

文政13年3月、横綱・阿武松は、
江戸城での将軍家上覧相撲結びの一番で
ライバルの稲妻雷五郎(1795~1877、第七代横綱)と
顔を合わせ、勝ちはしたものの、
マッタしたというのが江戸っ子のヒンシュクをかい、
それ以後、人気はガタ落ちになりました。

借金を待ってくれというのを
「阿武松じゃあるめえし」
というのが流行語になったとか。
平戸城主・松浦静山の随筆「甲子夜話」にある逸話です。

なお、実録の阿武松は
柳橋のこんにゃく屋に奉公しているところを
スカウトされたということです。

おすすめCD阿武松

|

« 馬のす(うまのす)  落語 | トップページ | 帯久(おびきゅう)  落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

8月3日柳亭市馬の「阿武松の出世」を聴いた。
脂ののりきった市馬は馬生の高座にそっくりになってきた。
この噺は、やる人柄で決まる。市馬は、明るく料簡がいいからぴったりだった。「談志は、料簡がよくない」と師匠小さんに言われたが根はまっつぐで素直な心を持っていたから市馬の人柄を買っていた。彼の歌謡曲の歌声にはぞっこんだった。同日「船徳」もやったが、志ん朝とは別の若旦那であり、船の客、船頭仲間の情景描写が秀逸で、「船徳」の世界観をよく表現して、当代随一だ。市馬は小さんの滑稽と、馬生のさらりとした粋を合わせ持つ貴重な古典の継承者だ。

投稿: 吉原和雄 | 2012.08.03 23:55

吉原 さま

コメントありがとうございます。

この人はまず、美声で声が大きく、よく響くのが
何よりの財産でしょうね。そういう点では、
故・圓楽以来でしょう。

特徴を生かして、音曲噺など、どんどん演らせたいものですね。
これで六十、七十になって、適度に枯れてくると、
大成する人だと思います。

欠点は…まあ、あまりフラがないことですか。しかし、
無理に笑わせようと、品のないクスグリを連発するより、
今のまま王道を行ってもらい、じっくり熟成を待ちたいところ。

何といっても、この世界で五十一は、まだまだ若いですから。

投稿: たか | 2012.08.05 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/4700103

この記事へのトラックバック一覧です: 阿武松(おうのまつ)  落語:

« 馬のす(うまのす)  落語 | トップページ | 帯久(おびきゅう)  落語 »