« 柳家小さん(五代目)/落語家 | トップページ | 三遊亭金馬(三代目)/落語家 »

2005.09.18

古今亭今輔(五代目)/落語家

                                                                                                    古今亭今輔

どんな人?

1898年:6月12日、群馬県佐波郡境町諏訪町生まれ。本名・斎藤(のち鈴木)五郎。

1914年:初代三遊亭円右に入門、前座名・三遊亭右京。間もなく(時期不詳)円右一門を飛び出し、初代三遊亭右女助(のち四代目古今亭今輔)門下に移る。

1917年:三遊亭桃助で二つ目昇進。

1919年:三代目柳家小さん門下に移籍、柳家小山三と改名。

1923年:同名小山三で真打昇進。

1925年:9月、盟友の三遊亭円楽(のちの八代目林家正蔵)、初代柳家小はんとと二名で「落語革新派」を結成、協会を脱退するが、あえなく4か月で挫折、翌年1月解散。

1928年:このころ、柳家金語楼の助言で新作を志す。同年5月、のち今輔の看板になる「御婆さんシリーズ」第一作、「老稚園」を発表、初演。

1930年:11月21日、敬愛した師・三代目柳家小さんが脳軟化症で死去。

1931年:五歳年長の桂小文治の身内となり、同人主催の日本演芸協会に移籍、三代目桂米丸を名乗る。

1933年:小文治とともに六代目春風亭柳橋、柳家金語楼の日本芸術協会(のち落語芸術協会)に移籍。

1939年:このころ古典に完全に決別、新作一本の道を歩み始める。

1941年:五代目古今亭今輔を襲名。

戦後は押しも押されもせぬ新作派の巨匠として、「おばあさん三代姿」「青空お婆さん」「ラーメン屋」「くず湯」などの自作自演で長い人気を保つ一方、再び厳選した古典にも挑戦、「もう半分」「ねぎまの殿さま」「藁人形」「囃子長屋」などを高座にかけた。

1964年:第4回日本放送作家協会賞受賞、大衆芸能賞を相次ぎ授賞。

1967年:土屋書店から「今輔の落語」を出版。

1973年:NHK放送文化賞授賞。

1974年:春風亭柳橋の後任で、芸術協会二代目会長に就任。

1976年:12月10日死去。享年78歳。

1979年:青蛙房より「聞書き古今亭今輔」上梓。

|

« 柳家小さん(五代目)/落語家 | トップページ | 三遊亭金馬(三代目)/落語家 »

落語家を笑え(物故者編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/6005291

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭今輔(五代目)/落語家:

« 柳家小さん(五代目)/落語家 | トップページ | 三遊亭金馬(三代目)/落語家 »