« 桂文楽(八代目)/落語家 | トップページ | 林家彦六(林家正蔵・八代目)/落語家 »

2005.09.18

三遊亭円生(六代目)/落語家

                                                                                                    三遊亭円生

この人のこと、桂文楽(八代目)は

「留学生が噺家になったようなもん」

と言ってました。

その国の人じゃないけど、一生懸命調べたりするかんじですかね。

どんな人?

1900年:9月3日 大阪市西区花園町に出生。本名山崎松尾。母さだは豊竹小仮名を名乗る義太夫がたり。
1904年:この年母と上京、新宿・角筈に住む。大阪相撲横綱・若島の添書で四代目橘家円蔵の身内となる。
1905年:この年秋、母親の相三味線で、豊竹豆仮名太夫の芸名で子供義太夫として寄席出演。  
1907年:このころ母・さだ、橘家二三蔵(のち五代目円生)と結婚。    
1908年:横浜新富亭へ子供義太夫で出演中、高座に穴があいたため、音曲噺「箱根山」を演じ、これが高座で落語を演じた最初。 
1909年:この年初頭? 噺家に転向、二つ目扱いで橘家円童を名乗る。
1913年:このころ、初代柳家小せん宅へ稽古に通う。    
1914年:10月11日、14歳で第一次(第114回)落語研究会に初出演。番外に「錦の袈裟」を演じる。
1915年:(前年末?)橘家小円蔵と改名。1月14日、第117回落語研究会で「寝床」を演じる。
1920年:3月、橘家円好で真打昇進、両国・立花家で披露興行。
1922年:2月8日、師匠・四代目橘家円蔵没。享年57歳。3月、義父の五代目橘家円蔵襲名に伴い、その前名円窓を名乗る。
1925年:1月、義父・円蔵、五代目三遊亭円生を襲名。同時に円窓改め六代目橘家円蔵となる。10月13日、ラジオ初放送で「法華長屋」を演じる。
1938年:このころ、芸の行き詰まりから落語家廃業を決意。   
1940年:1月23日、義父・五代目三遊亭円生、尿毒症のため死去、享年55歳。    
1941年:5月、六代目三遊亭円生を襲名。12月8日、太平洋戦争勃発。
1945年:5月6日、五代目古今亭志ん生とともに、満州慰問に出発。8月15日、大連で終戦を迎える。食うや食わずで、現地の羽衣座という移動劇団で、役者のアルバイトをするなど辛酸をなめる。日本では二人の死亡説も流布。    
1947年:3月17日帰国。三田豊岡町に落ち着く。4月中席より寄席に復帰。
1948年:10月9日、第四次落語研究会初回で「百川」を演じる。   
1951年:5月27日、神田・立花演芸場で戦後初の独演会。「湯屋番」「寝床」「子別れ」を演じる。    
1952年:8月、立花演芸場下席トリで「牡丹燈篭」の「見染め」から「栗橋宿」までを六日間続きで初演。芸の充実期に。
1953年:7月、ラジオ東京(現TBS)の専属となる。
1954年:3月、「ねずみ穴」のラジオ放送ででKR局長賞受賞。
1955年:2月、一番弟子の現・円楽入門、前座名全生。。12月24日、上野本牧亭独演会で「三人旅」「文七元結」「蛙茶番」、同29日、人形町末広独演会で「後家殺し」「長崎の赤飯」「居残り佐平次」を演じる。
1957年:3月、新宿区柏木に転居。以後「柏木」が通り名に。3月31日、本牧亭独演会「一文惜しみ」「三年目」「みいらとり」、5月31日、人形町末広独演会で「札所の霊験」「らくだ」「百川」、10月31日、本牧亭独演会「蒟蒻問答」「帯久」「文違い」、12月26日、末広独演会で「猫怪談」「梅若礼三郎」「掛取り万歳」を演じる。 以後、58年3回、59年4回、60年3回、61年2回と、精力的に独演会を続ける。中でも64年にいたるまで、5月31日の末広独演会は恒例となった。   
1960年:3月22日、NHK東京落語会特別公演の落語家芝居「仮名手本忠臣蔵」七段目で、主役・大星由良助を勤める。 10月、有楽町芸術座の菊田一夫作・演出「がしんたれ」に、テキ屋役で出演。これが「俳優・円生」のデビュー。11月、東横落語会での「首提灯」により、芸術祭文部大臣賞受賞。12月、「圓生全集」(青蛙房)全十巻刊行開始。62年7月に完結。
1962年:8月、キングレコードから初のLP「百川」「鰍沢」発売。10月、全生が五代目三遊亭円楽を襲名、真打昇進。10月から12月まで、芸術座「悲しき玩具」に出演。
1963年:3月から4月まで、芸術座「浅草瓢箪池」に出演。5月、ビクターレコードから「三遊亭圓生十八番集」9枚組を発売。
1964年:9月、落語協会副会長に就任。
1965年:8月、落語協会会長に就任。
1966年:8月、NHK連続テレビ小説「おはなはん」に出演。    
1968年:4月、芸術選奨文部大臣賞を受賞。6月、TBS専属契約解除、フリーとなる。
1971年:10月、NHKテレビ「天下御免」に大家役で準レギュラー出演。
1972年:3月、落語協会会長を退任、同協会最高顧問に。10月31日、東横劇場独演会で「能狂言」「梅若礼三郎」「浮世風呂」を演じる。この高座により、12月、芸術祭大賞受賞。    
1973年:5月、勲四等瑞宝章叙勲。11月、CBSソニー「人情噺集成」13枚組発売開始。    
1974年:3月、日本演芸家連合会長に就任。
1975年:5月、CBSソニー「圓生百席」発売開始
1976年:1月12・13日、二日続きで平河町都市センターホールにおいて、五代目円生追善独演会。「山崎屋」「夢金」「鰍沢」「お若伊之助」。
1978年:5月23日、赤坂プリンスホテルで落語三遊協会結成記者会見。大量真打製造問題で、円生一派と会長・柳家小さん、顧問・林家正蔵らの対立が激化、ついにこの日、円生一門ほか談志、志ん朝、円蔵らの落語協会脱退、協会分裂騒動の幕開け。6月1日、事やぶれて圓生一門以外は落語協会へ復帰。6月14日、上野本牧亭において落語三遊協会旗揚げ公演。7月12日、都市センターホールで円生独演会。「牡丹燈籠」より「栗橋宿」「関口屋ゆすり」を熱演するが、一門は寄席から締め出され、円生の独演会以外は仕事がない状況。
1979年:初頭から地方講演が続き、次第に疲労の色が増す。3月29日、落語初の歌舞伎座独演会。「首屋」「乳房榎」「掛取万歳」。6月1日、池袋サンシャイン劇場松竹落語会初回で「夏の医者」を演じる。8月31日、三宅坂・国立小劇場のTBS落語研究会で「がまの油」を演じ、これが公式には最後の高座となる。9月3日、千葉県習志野市の後援会発会式で「桜鯛」を演じたのち、楽屋で倒れ、病院に運ばれるが、午後9時35分、心筋梗塞のため死去。享年79歳。同12日、青山葬儀所において葬儀・告別式。葬儀委員長に劇作家の宇野信夫、同副委員長に三遊亭円楽。墓所は千歳烏山・永隆寺、戒名は松寿院圓生日栄居士。  

※「圓生百席」などの作品名を除いて、すべて「円」に統一しました。

六代目円生の著書(生前刊行のみ)

「圓生全集」全十巻(青蛙房刊) 1960.12~62.7 
「圓生全集」別巻 上中下(青蛙房刊)1968.2~7
「寄席育ち」(青蛙房刊) 1965.3
「明治の寄席芸人」(青蛙房刊) 1971.11
「寄席楽屋帳」(青蛙房刊) 1976.6
「寄席切絵図」(青蛙房刊) 1977.10
「圓生江戸散歩」(集英社刊) 1978.1

【円生百席】

百年目:1974.10.01

猫定:1974.08.07

三人旅:1974.10.14

中村仲蔵:1974.07.10

鰻の幇間:1974.07.29

お祭佐七:1974.11.20

夏の医者:1974.07.16

長崎の赤飯:1974.09.21

文違い:1975.02.12

大山詣り:1974.09.27

お藤松五郎:1975.03.31

一文惜しみ:1974.08.05

蕎麦の殿様:1975.02.10

三年目:1975.02.10

御神酒徳利:1974.10.22

竃幽霊:1974.11.15

品川心中:1975.04.07

左甚五郎:1974.11.25

寝床:1974.10.15

鼠穴:1975.08.06

なめる:1975.04.21

阿武松:1974.10.23

山崎屋 1975.02.21

紺屋高尾 1975.04.08

淀五郎 1975.04.28

てれすこ 1975.08.27

豊竹屋 1975.06.18

居残り佐平次 1975.02.24

佐々木政談 1975.07.16

庖丁 1975.06.11

大名房五郎 1975.08.25

ミイラ取り 1975.09.30

洒落小町 1975.05.30

紀州 1974.10.02

付き馬 1975.04.30

死神 1975.05.23

妾馬 1975.09.26

一人酒盛り 1975.06.09

掛取万歳 1975.09.03

夢金 1975.06.10

引越しの夢 1975.10.08

小判一両 1976.07.19

五人廻し 1976.03.02

三十石 1976.08.23

らくだ 1975.07.02

盃の殿様 1976.03.01

花筏 1975.07.07

おかふい 1975.03.05

唐茄子屋 1975.10.28

酢豆腐 1975.11.12

真田小僧 1975.10.08

仙台高尾 1976.03.15

心の灯火 1976.05.06

汲みたて 1975.08.26

二十四孝 1975.03.03

火事息子 1975.10.15

蛙茶番 1976.05.12

水神 1975.10.27

鹿政談 1975.09.29

鰍沢 1975.04.16

猫怪談 1975.12.23

千両幟 1975.07.08

雁風呂 1975.12.16

胆潰し 1976.05.13

お若伊之助 1975.05.14

弥次郎 1975.03.04

近江八景 1976.05.11

代脈 1975.08.27

茶の湯 1975.12.02

小間物屋政談 1975.10.13

百川 1975.10.20

浮世風呂 1976.04.09

湯屋番 1975.05.07

能狂言 1976.03.10

骨違い 1975.10.20

永代橋 1975.06.20

江戸の夢 1976.11.09

城木屋 1976.07.20

派手彦 1975.11.19

お化け長屋 1976.07.29

文七元結 1976.06.15

一つ穴 1977.08.12

錦の袈裟 1974.11.27

紙入れ 1976.06.16

後家殺し 1977.08.09

三軒長屋 1976.04.19

田能久 1975.11.11

不孝者 1977.10.03

吉住万蔵 1976.08.24

岸柳島 1976.08.13

無学者 1976.11.08

花見の仇討ち 1977.04.19

猫忠 1977.07.19

浮世床 1976.07.28

鶉衣 1977.03.17

樟脳玉 1975.05.28

小言幸兵衛 1976.06.10

遠山政談 1975.07.18

芝居風呂 1977.07.19

おさん茂兵衛 1976.09.28

質屋庫 1976.09.18

がまの油 1975.11.10

紫檀楼古木 1975.10.22

九段目 1977.03.10

紋三郎稲荷 1976.08.12

刀屋 1976.03.31

子別れ 1976.11.09

帯久 1977.06.21

|

« 桂文楽(八代目)/落語家 | トップページ | 林家彦六(林家正蔵・八代目)/落語家 »

落語家を笑え(物故者編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/6004738

この記事へのトラックバック一覧です: 三遊亭円生(六代目)/落語家:

« 桂文楽(八代目)/落語家 | トップページ | 林家彦六(林家正蔵・八代目)/落語家 »