« 万病円(まんびょうえん) 落語 | トップページ | ざこ八(ざこはち) 落語 »

2007.02.05

西京土産(さいきょうみやげ) 落語

いわゆる没落士族の悲哀を背景にした滑稽譚です。

長屋に住む独り者の熊五郎。

隣の元士族で、今は古紙回収業の作蔵が、
女を引き込んでいちゃついているようすなので、おもしろくない。

嫌味を言いに行くと作蔵、
実はこれこれこういうわけと、不思議ないきさつを物語る。

母一人子一人の身で、
死んだ親父の士族公債も使い果たし、
このままでは先の見込みもないので、
いずれは道具屋の店でも開こうと一念発起した作蔵、
上方を回って掘り出し物の古道具でも買い集めようと、
京から奈良と旅するうち、祇園の芸妓の絵姿が手に入った。

この絵の中の女に一目惚れした作蔵、
東京に帰ると、母親が嫁取りを勧めるのも聞かず、
朝夕飯や茶を供えて、どうか巡り合えるよう祈っていると、
その一念が通じたか、
ある日、芸妓が絵からスーッと抜け出し
「どうかあんたのお家はん(=妻)にしてかわいがっとくれやす」

都合のいいことに、
女は作蔵がいる時だけ掛け軸の中から出てきて、
かいがいしく世話をしてくれる。

この世の者でないから食費もかからず、
しかも絶世の美女ときているので、わが世の春。

毎日、鼻の下を伸ばしている。

母親に見つかってしかられたが、わけを話して許しを得、
今では三人仲良く暮らしている、という次第。

話を聞いてうらやましくてならない熊公、
こんないい女が手に入るなら、オレも古紙回収業になろうと、
作蔵からかごを借り、
鵜の目鷹の目で、抜け出しそうな女の絵を買おうと
近所をうろつきだす。

都合よく、深川の花魁の絵姿の掛け軸が手に入ったから、
熊は大喜びで毎日毎晩一心に拝んでいると、
その念が通じたか、
ある夜、花魁がスーッと絵から抜け出て
「ちょいと、主は本当に粋な人だよ。
おまえさんと添い遂げたいけど、ワチキは今まで客を取ってて、
体がナマになっているから、鱸の洗いで一杯飲りたいねえ。
軍鶏(しゃも)が食いたい、牛が食べたい。
朝はいつまでも寝てるよ。
起きない(畿内)五か国山城大和」

隣とはえらい違いで、本当に寝ているだけで何もしない。
これはひどい奴を女房にしたとぐちりながら、
ある朝、熊さんが自分で朝飯をこしらえて
花魁(おいらん)の枕元に置き、
夕方、仕事から帰るともぬけのカラ。

方々探したが、行方がわからないので、
しかたなく易(えき)に凝っている大家に卦(け)を立ててもらうと、
「清風」と出た。

「セイは清し、フウは風だから。神隠しにあったんだろう」
「そりゃあ違いましょう。実は柱隠しでございます」

【うんちく】

「鼻の円遊」の創作

明治25(1892)年10月、「百花園」掲載の
初代三遊亭円遊の速記が、唯一の記録です。

いわゆる没落士族の悲哀を背景にした噺ですが、
筋自体は「野ざらし」と「応挙の幽霊」を継ぎ足した感じで、
後半の花魁(おいらん)のずうずうしさだけが、笑いのタネです。

円遊は、その年の5月末から8月いっぱい、
西京(京都)から関西、東海地方を旅興行で回っているので、
噺の題名はその土産話という、ニュアンスなのでしょう。

「西京」は、明治以後に使われた名称で、
江戸が「東京」と改名して首都とされたため、
それと区別するために用いたものです。

士族公債って?

明治2(1869)年の版籍奉還に伴い、
同10年に政府から士族に発行された秩禄(=金禄)公債証書。

一人当たり、平均四十円にも満たないケースが
ほとんどでした。

そのため、士族の多くは生活に困窮。
子女が身売りしたり、落語でよく登場するように
慣れない商売に手を出して失敗する悲劇が
明治初期、いたるところで見られました。

神隠しって?

いわゆる「蒸発」で、子供の場合は
ほとんどが人さらいでした。

柱隠しって?

オチが今では分かりにくくなっていますが、
柱隠しは、柱の表面に掛けた装飾のことです。

「たがや」にも登場する「柱暦」もその一つですが、
多くは、細長い紙に書画を描いたもので、
柱掛け、柱聯(れん)ともいいました。

この噺の場合は、柱隠しに使った掛け軸の中から
花魁が出現したことを言ったものです。

つまり、神隠しではなく、掛け軸の中に
また戻っていったのだろう、ということでしょう。

江戸時代には、柱隠しを利用した、
「聯合わせ」という優雅な遊びがありました。

柱に木製や竹製の聯を掛け、
単に飾って自慢しあうだけでなく、
その上に手拭い、扇面、短冊、花などをあしらい
歌舞伎の下題に見立てて、洒落るなどしたものです。

明治期には、ハンカチを使うこともありましたが、
のちには、祭礼の神酒所の飾りにしか、
見られなくなりました。

清風(せいふう)って?

江戸時代、神隠しは天狗の仕業と考えられ、
天狗の羽うちわが起こす風をこう呼びました。

ここでは、冗談半分にそれとしゃれたものです。

|

« 万病円(まんびょうえん) 落語 | トップページ | ざこ八(ざこはち) 落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/13792667

この記事へのトラックバック一覧です: 西京土産(さいきょうみやげ) 落語 :

« 万病円(まんびょうえん) 落語 | トップページ | ざこ八(ざこはち) 落語 »