« 落語のあらすじ 索引  落語 | トップページ | 尿瓶(しびん) 落語 »

2008.07.12

芝居と帯(しばいとおび) 落語

いまどき、こんな噺じゃ笑えませんが、明治っぽくて新鮮です。

奥方がだんなに帯を買ってもらうことになったが、
調子に乗って
「帯がきたら見せびらかしに芝居に行きましょう。
芝居に行ったら役者のご祝儀でお金がかかるから、
横浜の親戚に借りに行きましょう。
そのついでに金沢八景、江ノ島を見物して、
またまたついでに大磯の海水浴へ。
ここまで来たなら足を伸ばして箱根へ、
そこから汽車で興津の清見寺から久能山、
小夜の中山から豊川稲荷、
そこから熱海神宮、伊勢神宮、
二見ケ浦で朝日を拝み、
近江八景見物の後京大阪、
奈良の大仏、高野山、熊野の鯨見物も。
それから神戸、須磨、明石、讃岐の金比羅、安芸の宮島、
馬関(下関)の春帆楼から長崎へ渡り、
ここまできたら沖縄へ。
また出直すのもおっくうだから、
ことのついでに海を渡って上海へ。
そこからシンガポールでコーヒーをのんで一休み、
宗主国を訪れないでは失礼だから、ちょいとロンドンまで。
ヴィクトリア女王に会ってから、
近道でも探してウラジオに戻り、
それから函館五稜郭で氷水でものみ、
汽車で上野まで戻りましょう。ああくたびれた」
とまあ、帯一つで世界一周してしまう魂胆だから、だんなは仰天。

そんなことされた日にゃ破産で、
ロンドンどころかルンペンだから、
芝居か帯のどちらかにしろと厳命する。

奥方が迷っていると、
幇間の桜川呑孝が来て、
この間の歌舞伎座、団菊大顔合わせの
「加賀見山」お初仇討ちの場を熱演してみせたので、
奥方はうっとり。

「まあ、本当に芝居を見てるようだよ」
というと、だんなが
「それじゃ、帯を止めにしよう」

【うんちく】

これも文治の新作

「芝居好きの泥棒」と同じく、明治の芝居噺の名人・
六代目桂文治の創作と思われ、「……泥棒」より二か月後の
明治31(1898)年8月、雑誌「百花園」に速記が掲載されました。

これが唯一の口演資料で、以後の記録はありません。

馬関の春帆楼

この奥方も、「藪入り」のおやじと同じパターンで、
願望がふくらんで、際限のない空想旅行にご出発。

馬関(ばかん)は、現在の山口県下関市の呼称。

明治22(1889)年の市制施行で、赤間関市となり、
同34(1899)年、山陽本線開通によって駅が設置されたとき、
「馬関駅」と命名されましたが、それも一年限りで、
翌35(1900)年、市名・駅名ともに下関と改称されました。

春帆楼(しゅんぱんろう)は下関市の、フグ料理で名高い料亭割烹で、
明治21(1888)年、伊藤博文が初めて訪れて以来、大のひいきにしました。

この速記の三年前の明治28(1895)年4月17日、
この春帆楼で伊藤と外相・陸奥宗光が、
清国講和全権・李鴻章と馬関(下関)条約を調印し、
日清戦争が正式に終結したことで有名です。

なお、PHP研究所刊「千字寄席」で、
春帆楼を伊藤博文の「別荘」としましたが、これは誤りでした。
謹んでお詫びし、訂正させていただきます。

ただ、料亭を私物化して別荘の「ようなもの」
としていたことは、確かなようですが。

コーヒー事始

奥方の空想旅行も海を渡り、
「シンガポールでコーヒーを」と
ハイカラぶりを見せつけています。

コーヒーが日本で存在を初めて知られたのは、文化8(1811)年。

幕命によって、蘭学者・大槻玄沢らが翻訳に着手した
フランスの百科事典のオランダ語訳「厚生新編」に紹介されました。

実際に輸入され始めたのは、維新後の明治10(1876)年ごろから。
明治21年4月、日本初のコーヒー店「可否茶館」が
下谷黒門町にオープンしたというのが定説です。

当時のコーヒー一杯の値段は三銭。
この速記(明治31年)の前後は、値下がりして二銭となっています。

団菊の「加賀見山」

九世市川團十郎(1838~1903)と五世尾上菊五郎(1844~1903)の
明治の二大名優顔合わせによる「加賀見山旧錦絵」(かがみやま・
こきょうのにしきえ)は、明治31年5月、歌舞伎座上演。

通称「加賀見山」(鏡山)は、天明3(1783)年4月、森田座初演。
加賀前田家のお家騒動に題材をとったもので、あらすじは、
兄の入間家(前田家)家老・剣沢弾正と結託してお家乗っ取りをたくらんだ
局(つぼね)・岩藤が、陰謀を知った中老・尾上に、
お家の重宝の弥陀の尊像を盗んだ罪を押し付けて、自害に追いやります。

しかし、尾上付きの忠義な腰元・お初が岩藤を討ち取って
お家の安泰を得るというものです。

この明治31年の公演は、団菊最後の「加賀見山」で、
菊五郎のお初、團十郎の岩藤という、ともに一世の当り役でした。

仇討ちの場は、大詰め・奥庭の場。

この芝居は登場人物が悪役・弾正を除けば女ばかりで
「女忠臣蔵」と呼ばれ、女性観客には人気が高かった演目です。

|

« 落語のあらすじ 索引  落語 | トップページ | 尿瓶(しびん) 落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/41808311

この記事へのトラックバック一覧です: 芝居と帯(しばいとおび) 落語:

« 落語のあらすじ 索引  落語 | トップページ | 尿瓶(しびん) 落語 »