« 心中の心中(しんじゅうのしんじゅう) 落語 | トップページ | 新聞記者(しんぶんきしゃ) 落語 »

2009.04.08

神仏論(しんぶつろん) 落語

これは珍しい。日本にもあったらしい、宗教戦争のお話。

石町新道で、骨董屋を営む夫婦。

かみさんが一向宗、亭主が神道の狂言的な信者。

朝起きると片方が
「天照皇大神宮、春日大明神、住吉大明神」
と唱えれば、
片方は
「南無阿弥陀仏、ナムアミダブツ」

そんなことだから、家の中はのべつ宗教戦争。

夏に亭主がノミを捕まえ、
こいつは人の血を盗む憎い奴だから死罪に処するが、
ひねりつぶしても生き返るし、
火にくべれば神棚を穢すからハリツケにする
と言うのを、
女房がだまして逃がしてしまったから、また一騒動。

生き物の命を取るのは、殺生戒を破るからいけない
という。

「盗みなら、あなたの方がよっぽど」
「オレが何を盗んだ」
「あなた、二、三日前に女中のお初の所に夜這いに行ったじゃありませんか。
ああいうのを豆泥棒といいます」

釈迦が自分の股の肉を削いで鷹に与え鳩を助けた
という故事を長々と並べ立て
「このハゲ頭。ちっとはお慎みなさい」
と、やっつけるものだから、
亭主は頭にきて、日本は神国、
このありがたい国に生まれながら天竺の仏を祟めるのはけしからん
と、反撃開始。

古事記の国生み神話の講釈を並べるうちに、だんだん脱線、
「八百屋お七を見ろ。宗旨が法華だから、
七字の題目の頭を取って親がお七と名付けたが、
あの通り火あぶりになった。法華の餓鬼は火あぶりになるんだ。
梅川忠兵衛の浄瑠璃を聞いたか。
忠兵衛は一向宗の門徒で、あの通り引回しの上獄門だ」

しだいにエスカレートし、
ついに亭主が女房の胸ぐらを取って、実力行使。

「アーレー、喉の仏さまが痛い」
「人の体に仏があってたまるか」

ポカポカと殴る。
あわてて女中が止めに入っていったんは収まったが、
女房、お茶を一杯飲んで
「あつつつ、これお竹、熱いじゃないか。喉の仏様を火傷したよ」
と言うと、亭主、
「ざまあ見やがれ。喉仏を火傷するはずだ。
茶碗が新渡(しんとう=神道)だもの」

【うんちく】

豆泥棒、梅川忠兵衛

夫婦げんかの言い合いに登場する言葉のうち、
昔はごく普通の日常語として使われていた
言い回しや故事も、
現在では外国語のスラング並みに、ほとんど注釈が
いるハメになりました。

●「豆泥棒」は、間男または夜這いのこと。

●「釈迦が、自分の股の肉を削いで……」は、
インドの釈迦転生説話「ジャータカ物語」が原典。

●「梅川忠兵衛」は、近松門左衛門作の「冥途の飛脚」、
菅専助作「けいせい大和飛脚」の主人公。
現在でもよく歌舞伎・文楽で上演される、悲劇のカップルです。

骨董屋と道具屋

ともに古物商ですが、一般に骨董屋は高級品で
古美術品に近いものまで扱いました。

道具屋になると、「火焔太鼓」「道具屋」に登場するように
かなりインチキくさいものまで売っていて、
「キリ」の方になると、店舗を持たない露天商も
多かったわけです。

新渡って?

この噺の別題でもありますが、オチのダジャレのタネだけに、
あらかじめ説明しておかないと、現在ではどうにもなりません。

新渡は古物商の用語で、外国(古くはおもに中国)から
江戸時代以後に渡来した品物のこと。

ちなみに、室町時代以前の渡来物を「古渡(ことう、こわたり)」、
その中間の室町、戦国、安土桃山時代のものを
「中渡」と呼びました。

師弟の因縁

この四代目柳枝は、のち隠居名・華柳を名乗りましたが、
昭和2年4月20日、NHKのラジオ出演中に脳溢血で倒れ、
そのままなくなりました。享年58歳。

ところが、32年後の昭和34年9月23日、
この人の弟子でだった八代目柳枝が、
やはり同じようにラジオ放送中に、師匠とまったく同じ
脳溢血で人事不省に陥り、同年10月8日に死去。

オカルトめいたことを連想させる、因縁話です。

誰か演らない?

原話はまったく不祥で、明治以後は
口演記録もなく、まったくすたれた噺です。
別題を「神道の茶碗」「新渡の茶碗」とも。

明治中期から昭和の始めにかけて、
品格のある芸風で一家をなした四代目春風亭柳枝が、
小柳枝時代明治31年3月、雑誌「百花園」に載せた速記が、
現存する唯一の記録です。

演者がマクラで、
「腹の中へ大事に仕舞って置きましたのを、
お勧めに委(まか)して申し上げます」
と断っているので、あるいはこの人の若いころの
創作かもしれません。

明治の初めはいわゆる「廃仏毀釈」の嵐が吹きすさび、
神道が「ハバをきかせていた」時代なので、
それを揶揄するような噺も多く生まれたと思われ、
この噺も、何らかの実話をもとにしているのかも
知れませんが、推測の域を出ません。

古色蒼然とはしていますが、宗教上のいがみあいというのは
現在でもいたるところにあり、
アレンジ次第では復活しても面白そうです。

|

« 心中の心中(しんじゅうのしんじゅう) 落語 | トップページ | 新聞記者(しんぶんきしゃ) 落語 »

落語のあらすじ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/44603257

この記事へのトラックバック一覧です: 神仏論(しんぶつろん) 落語:

« 心中の心中(しんじゅうのしんじゅう) 落語 | トップページ | 新聞記者(しんぶんきしゃ) 落語 »