« 第3回 志ん生のギャグと名セリフ 「火事息子」 | トップページ | 第5回 志ん生のギャグと名セリフ 吹き寄せ・その1 »

2012.07.19

第4回 志ん生のギャグと名セリフ「王子の狐」

王子の狐

○…狐が人に化かされる、という逆手を使った傑作。サゲも胡椒が効いている。志ん生のは短いが、どの場面も抱腹絶倒のギャグが満載。ご紹介しなかった場面でも、男が折り詰め2人前かたり取るおかしさなど、「鰻の幇間」を思わせる。今回は第二幕「扇屋二階の場」、第三幕「友人宅の場」大詰「元の狐穴の場」から。

化けの皮がはがされて…… 

扇屋の源公:「二階なんだァい? え? なにがいるんだい、二階にィ? 俺が行ってやろうじゃァねえかァ、え? はばかりながらなァ、扇屋のなァ源公が、ここにがんばってるからにゃあなァ、驚くんじゃねえんだァ、ンとにィ。大蛇でもとぐろ巻いてんのか? 鬼がケツでも出してんのかい? 天狗があぐらけえてんのかべらぼうめェ。驚く源公じゃァねえやァ本当にィ。源公、知らねえかァ? 拳固(=源公)で殴るぞォ」

 ところが、狐と聞いたとたん……。
                                                   
友情ある説得

友人某:「相手がおめえ、甲羅をへてえるような、酒でもなんでも飲むような狐だから、おまえさんの恨みはもう、忘れやしないからねェ、だから、家ィ行ってごらん、もうおかみさんの方へもう狐が、ナニしてるから、うん。かみさんの口ィとんがらかってるから……。ねえ、はたきなんぞ持って方々掃除ィしてえたって、もうダメだよ、うん。『今頃までェ、どこィ行ってたんだい、本当にィ。テケレーテケレーテケレーテケレー』なんて方々はたいてたのが、ぱーんと飛び上がって」

 かくて、奇怪な三角関係が……?

子供にヨイショはしたものの

源兵衛:「あれァ、狐の子だよ、かわいいもんだねェ、え? 出てきやァがった、ああ、ちょいと、お嬢さんかい、おまえさんは? 坊ちゃんですか? お嬢さんだァ、ね? うん。いい子ねェ、いい子いい子、うん。いいお毛並みですよ、うん」

 なんでもなさそうで、これ、ジワジワと笑える。

復讐の連鎖

母狐:「ちくしょう、誰がかんべんなんぞするもんか」
                           

 畜生がちくしょうとは、これが本当のコンちくしょう。

|

« 第3回 志ん生のギャグと名セリフ 「火事息子」 | トップページ | 第5回 志ん生のギャグと名セリフ 吹き寄せ・その1 »

落語悠々(高田裕史)」カテゴリの記事

コメント

読みにくい上に寒い。期待してなかったが想像以下
志ん生さん好きを敵に回す素晴らしい出来ですね

投稿: | 2016.08.03 05:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/55233874

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回 志ん生のギャグと名セリフ「王子の狐」:

« 第3回 志ん生のギャグと名セリフ 「火事息子」 | トップページ | 第5回 志ん生のギャグと名セリフ 吹き寄せ・その1 »