« 第5回 志ん生のギャグと名セリフ 吹き寄せ・その1 | トップページ | 第7回 志ん生のギャグと名セリフ「岸柳島」 »

2012.07.26

第6回 志ん生のギャグと名セリフ「饅頭こわい」

饅頭こわい

○……おなじみの前座噺。落語の基本だけに、名人と言われる師匠方はみな前座噺がうまく、晩年道を究めると、再び出発点に帰り、前座噺を高座に掛けることが多い。もっとも、ボケただけという説もあるが。志ん生はさすがに、誰でもやるような紋切型のくすぐりにも、一ひねり二ひねり加えて、爆笑編に仕上げている。テーマは「好き嫌い」の妙。

好き嫌い・その1 

甲「いろんな犬があるだろう、このごろは(間)え、こう(間)耳の長え犬だの、それから身体じゅう糸ッくずみてえな犬がいんな(間)あれほどくと、犬がなくなっちゃうようなのがいるよ」

 イントロダクション。動物を飼うにも好みがある、という前ぶり。
                                                
好き嫌い・その2

甲「ムカデはいやだ。あんちくしょうを見るとね、ああ、もしオレがムカデだったら、どうしような、って考える」
乙「だって、おめえがムカデなわけァねえじゃねえか」
甲「だけどもよ、あんなに足があったしにゃ、股しき買うったってたいへんだ」

 この発想のものすごさ。

好き嫌い・その3

甲「蛇なんざどうだい?」
乙「蛇なんぞ、おらァ、頭痛のするとき鉢巻にするんだ……あいつはね、向こうでキュッと締めてくれるから、とてもいいんだ、蛇ァ」
甲「トカゲはどうだ?」
乙「トカゲなんざァ、おめえ、トカゲだのヤモリだの、ああいうものは、みんな三杯酢にするんだよ。あれはオツだよ」
甲「トカゲなんかをかい?」
乙「うん、もうアリなんぞいやがるとね、寄せといてね、めしの上へね、ごま塩の代わりに(間)え? アリメシってんだよ。ごま塩がいごいて、食いにくいてえくらいだ」

 食事中、神経質な方はスルーで。

好き嫌い・その4

甲「え? まんじゅう? まんじゅうてえ動物、知ってるかァ? みんな?」
丙「おめえ、やつのこわがってるマンジューてえ動物はね、インドの奥の方かなんかで、トラかなんか追っかけてやがるんで」

 ひょっとしてマングースのこと? やっと饅頭登場というところで、お後がよろしいようで。

 

|

« 第5回 志ん生のギャグと名セリフ 吹き寄せ・その1 | トップページ | 第7回 志ん生のギャグと名セリフ「岸柳島」 »

落語悠々(高田裕史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/55286034

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 志ん生のギャグと名セリフ「饅頭こわい」:

« 第5回 志ん生のギャグと名セリフ 吹き寄せ・その1 | トップページ | 第7回 志ん生のギャグと名セリフ「岸柳島」 »