« 第8回 志ん生のギャグと名セリフ「千早ふる」 | トップページ | 二代目古今亭円菊 »

2012.08.07

第9回 志ん生のギャグと名セリフ「替わり目」

替わり目

○…志ん生が映画でも演じた、夫婦の愛情の機微を描いた人情編。ただ、前半は酔っ払い亭主と車屋の滑稽なやり取り中心で、この部分のギャグは第4回で一つ紹介したので、ここでは夫婦のやり取りの間の、罪はないが味なギャグをいくつか。かみさんがなんだかだ言いながら夫唱婦随なのも、いかにも明治らしい。

物騒

亭主「おら、寝ねえ」
女房「寝ないでどうすんの?」
亭主「寝ないで、一んち(一日)、こんなこと(飲むしぐさ)やってんだ」
女房「なんだい、それは?」
亭主「こうやりゃ酒だよォ。硫酸なんか飲みゃあしねえよ、おらァ」

今なら、飲まされるかも。

照れ隠し その1

女房「何にもないよ。あたし、みんないただいちゃったから」
亭主「じゃあ、香こでいいや」
女房「お香こないの」
亭主「どうしたん0?」
女房「えー、まだね、漬けてないの」
亭主「ナマかい? じゃ、ナマで食う。で、あとから糠ァ食うから。(間)頭へ石乗っけてるから」

己のいやしさへの、さりげない自嘲。年功のいるセリフ。

照れ隠し その2

亭主「えー、忍術を使うような目ェしやがって。うん、いいんだよォ、おまいの顔なんてえもなァどうだって。おまえなんか、頭なんざなくったっていいんだい。手と足だけありゃいいんだ」

平成ニッポンの女房には、こういう反語は通りません。

照れ隠し その3

亭主「女なんざァな、世間にいくらもいるんだ。なァ、おれが表へ出て、りんを振ってみろ、女がワーっと集まってくらァ。もっともそりゃ、ゴミ屋だけども……。

屑屋と鈴という、今では通じなくなったシャレ。

|

« 第8回 志ん生のギャグと名セリフ「千早ふる」 | トップページ | 二代目古今亭円菊 »

落語悠々(高田裕史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/55373938

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 志ん生のギャグと名セリフ「替わり目」:

« 第8回 志ん生のギャグと名セリフ「千早ふる」 | トップページ | 二代目古今亭円菊 »