« 二代目古今亭円菊 | トップページ | 前口上 »

2012.12.24

小沢昭一

変哲宗匠、天上す
            
 常々覚悟はしていたが、世紀の才人にしてかけがえなき落語界の恩人・小沢昭一氏がついに長逝された。まことに痛恨のきわみである。氏は1929年4月6日、あのオードリー・ヘップバーン嬢より一月前、江戸近郊豊多摩郡和田掘に、小沢写真館の若だんなとして出生、2012年12月10日午前1時20分、かのゲイリー・クーパー氏と同じく、これぞ男の中の男にふさわしき疾患・前立腺癌にて83年8か月4日のご生涯を閉じられた。

 故人の業績・肩書はその類まれな才にふさわしく多岐にのぼる。新劇俳優、演出家、俳人変哲、随筆家、歌手、ハーモニカ演奏家、古典芸能研究家にして、見世物学会顧問、元放送大学客員教授、ラジオパーソナリティーと、その行くところ可ならざるはなき中、就中、氏の若き日の燦然たる文化的業績として忘れ難きことは、早稲田大学落語研究会創設者として、全国の大学落研の魁となられ、さらに故・正岡容氏に師事して、伝統話芸研究に生涯多大なる貢献をなされたことだろう。アマチュア落語家としても、僚友の加藤武氏、故フランキー・堺正俊氏と並んで、その名人ぶりは今も語り草となっているが、劇作家・大西信行氏も著書で言及されているごとく、当時の「落研」の活動目的は、決して芸人養成所となるにあらずして、学窓に名人上手の師匠連をお招きし、その至芸を心行くまで味わい吸収することで江戸文化研究の一助とするというものだった。

 氏は、演じればプロでも即真打と噂の高い自らの技芸を、いささかも誇ることなく、ただ、体得された落語の真髄を俳優・話術家としての大成に生かす道を選ばれたのである。その意味で、去る2005年6月、新宿・末廣亭の下席で氏が今は伝説と化した「新宿末廣夢十夜」の高座に上られ、その変幻自在の話芸で満員観客を魅了し、現・落語協会会長をして感涙にむせばしめたことは、これからも落語あるかぎり語り伝えられるだろう。

 今はここに、故大人に勝手に当サイトより「名誉六代目古今亭志ん生」号を奉呈し、この不世出の偉才の面影をを偲ぶよすがとしたい。(た)

|

« 二代目古今亭円菊 | トップページ | 前口上 »

落語家を笑え(物故者編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60017/56388069

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢昭一:

« 二代目古今亭円菊 | トップページ | 前口上 »